<< 埼玉りそな銀行とのバトル始まる | main | 金融機関の休眠口座制度 英国の場合 >>

りそな銀行に義捐金を“盗まれた”

  ひどい話である。ACTNOWが街頭募金などでお預かりしていた義捐金約2000円をりそな銀行に“盗まれ”ていたのだ。

 りそな銀行は7年前、勝手に「休眠口座」制度なるものを設けて、預金者のカネをネコババしていることが分かった。私達はその被害に遭ったのだ。いろいろ調べて分かったことだが、下に記すように、数ある銀行の中でも「りそな」のやり方は際だってひどい。

 休眠又は睡眠口座による不当収入は、一説によると金融機関全体で年間100億円にものぼるものらしい。ところが、貼った全国銀行協会のリンクを見ていただければ分かるが、なんとも軽〜い説明だ。銀行に人の財産を没収することに対する罪悪感は感じられない。

 昨日の午前中、本ブログでやり取りの模様を「埼玉りそな銀行とのバトル始まる」と題して書いたが、その後出かけた南浦和支店で支店長に面会を求め説明を受けた。

 案の定、支店長は最初に担当した行員などからきちんとした説明を受けていないのか、説明を受けても把握していないのかは分からなかったが、事情をつかめていなかったので私はその女性行員の同席を求めた。

 女性行員は、休眠口座についてのパンフレットを渡さなかった理由を「もっと詳しい情報をお求めになられているか」と“勘違い”したと言い逃れようとしたが、私はハッキリと「客に渡している休眠口座のパンフレットを見せて欲しい」と言っている。最終的に口座が閉鎖されてしまったことを連絡してこなかったのは、「こちらに見えたらご説明しようとしていた」と言ったが、私はそんなに頻繁にその店に顔を見せているわけではない。せいぜい月に一、二度だ。

 なんとも苦しい言い逃れだが、それ以上彼女を責めても仕方のないことである。彼女に席を外すように言った。

 支店長の説明では、休眠口座なる制度は平成16年に始めたもので、普通預金口座で2年間預け入れ又は引き出しがない場合、口座管理料という名目で年に1200円を徴集して残高をゼロにして、挙句の果てはその口座を一方的に解約して使えない状態にしてしまうものだ。

 ただし例外があり、残高が1万円以上であること、他に同一支店に「お預かり金融資産」があることが休眠口座の対象外となる。

 ならばACTNOWの名義(活動資金)で南浦和支店に40万円以上預金残高があるのだから休眠口座にされるはずはない。

 ところが、普通預金はこの制度が定める「お預かり金融資産」に入らないという。

 支店長は説明の中で、この制度の目的の大きな理由は「使われていない口座の不正利用防止」だと言った。そして、名義人には「お知らせ」を送っていると主張した。

 冗談ではない。人には夫々事情がある。他人の財産を“社会正義”を振りかざして奪って良いはずはない。

 今回の場合、ACTNOWの代表であった菅は心根が優しい青年で、年老いた祖母が神奈川県に独り住まいしているのは心配だと、実家の浦和からそちらに移り住んでいたのだ。その頃に「お知らせ」が本当に送られたとなると、祖母の家に送られたに違いない。

 その郵便物が、高齢の祖母とレスキューという激職に就く青年の二人暮しの家だ、他の郵便物に紛れてしまったとしても不思議ではない。生真面目の菅は責任を感じているようだが、彼にその責任はない。

 他には子供が貯金をしている場合も考えられる。親が送られてきた「お知らせ」を見落としたり、無くすことも考えられる。2年間口座を使わなかったといって、幼い子供達の小遣いを大人の勝手な論理で奪って良いはずはない。

 支店長の説明を受けてあまりの理不尽さに私は心の底から怒りがこみ上げてくるのを感じた。

 制度自体に対しての怒り、行員の誠実さに欠ける態度、そしてなんといっても義捐金をネコババされたことに怒りが頂点に達した。

 「2000円といえども寄付金だ。それを勝手な屁理屈で奪うとは何事だ!知らせたのに手続きをしなかったこちらにも責任があるだと?日夜市民の命を守るために、そして今回は放射能を浴びながら原発の現場で頑張ってくれている青年に言うことか!」

 怒り心頭に発した私に言葉を失っていた支店長は、「お金はお返しするようにいたします。口座も浅井様の名義ですぐに開けるようにいたします」と言ったが、私はそれに応じることなく支店を後にした。

 皆さんの中にも恐らくこの詐欺まがいの制度で、知らず知らず預金を奪われている、又は泣き寝入りしている方がおられるはずです。こういう不条理に目をつぶらずに、それぞれの立場で取り返しましょう。そういう動きがあちこちから起これば、理不尽な制度を変えることが可能なはずです。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM