<< 教え子に励まされる | main | ブログ復活。永らくお待たせいたしました >>

一時帰宅を速やかに

  昨日旧騎西高校で双葉町住民の声を拾ってきたのを受けて、今日は「霞ヶ関」で原発周辺の被災者達が一時帰宅を早期に実現できるよう働きかけをしてきた。

 官僚や政府筋は不測の事態が起きた場合の責任を一番心配するが、万全の準備をした上で事故に見舞われたらそれは「自己責任」として良いのではないか。それを恐れていたら、早期実現は不可能である。

 ただ、そうするにはマスコミ対策が重要で、その部分で私がお手伝いできればと動いている。

 ちなみに、私が騎西高校に避難する被災者に聞いたところでは、先祖や家族の位牌に関心が集中していた。そう。田舎では、「家(家系)」が大切なのだ。田舎のお年寄りにとっては、位牌は自らのアイデンティティでもある。復興に向けて再出発する被災者の心のより所となる位牌を是が非でも取り戻してさしあげたい。

 一時帰宅は来週にも実現しそうな感じを受けたが、形だけのものであれば止めたほうがいい。実のある帰宅ができることを祈念する。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
所属政党と候補者と新風の失敗(原発と外国人参政権問題4(東京都知事選2)
上記2つ3つの画像をクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。 2010年(平成22年)の技能五輪↓ 映像は↓のch1から4よりどうぞ。 http://ginougorin.jp/ 東日本の方はなるべく電力使用量の少ない時間帯にご覧ください。 ht
  • 東京のばかやろーブログ
  • 2011/04/13 10:16 PM
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM