<< 原発建設で100年経って“片輪”が生まれようと… | main | 団塊世代への呼びかけ ヴォランティアのススメ >>

朝日さん、原発に賛成なの反対なの?

 菅首相の「浜岡ストップ」要請は、政権を握って初めての英断と言えるだろう。

 東日本大震災で大打撃を受けた今、我々が一番恐れているのは、東海地震又はそれに連動して起きる東南海地震である。静岡県御前崎市にある中部電力の浜岡原子力発電所が地震か津波で壊されれば、その影響が東日本大地震を上回ることは間違いない。

 それだけに、菅政権が前言を撤回しないようにしなければならない。それができるのは私達の関心の高さだ。選挙民が原発や大地震に対して命がけで家族を、町を守ろうとする姿勢を見せることこそが、ブレがちな菅総理をしっかりさせることにつながると私は考えるのだ。

 それにしても、関西電力関係者と紀伊半島の住民達は今になって「紀伊半島核基地計画(和歌山県日置川町と日高町に原発建設を予定していた)」が住民の反対で中止されたことを喜んでいるに違いない。もちろんその代わりに原発を押し付けられた日本海側の住民のことを私達は常に念頭に入れておく必要はある。

 さてその菅首相の「浜岡ストップ」宣言についてだが、朝日新聞の竹内敬二編集委員が今日の朝刊で不可解な記事を書いている。

 「判断は仕方なかったのではないか」とする一方で、「ただ、 保安院など通常の安全行政のプロセスを通らない『停止要請』は混乱を招く。中部電力、地元自治体、住民も戸惑うだろう」としているのだ。

 さらに、「事故直後ではなく、なぜ今なのかという問題もある。十分な説明がいる」としている。そんな配慮をしていたら原子炉を停止するまで何年かかるか分らないのは竹内記者も知っているはず。これまで同記者の書いたものは評価できるものが少なくないだけに、この記事はどうにも不可解だ。

 同じ頁に、「手続きを踏まず唐突」と題する住田健二大阪大学名誉教授のコメントがある。「どういう材料を元にして判断したのか、なぜ今なのか理解に苦しむ。公 開で討論し、科学的、技術的に判断する内容だ。なぜ原子力安全委員会に諮(はか)らないのか」とのたもうておられる。

 原子力委員会の化けの皮がはがれた今になってもそのような発言をする住田教授は、委員会の委員長代理を務めた御仁だからそのように言うのは当然といえば当然だが、そんな住田教授に意見を求める朝日新聞も朝日新聞だ。

 表面的には原発の存在に疑義を差し挟みながら、その一方で電力会社に媚を売ることをこの期に及んでも止めない朝日の姿勢に怒りを感じる。

 浜岡原発の処理に手間取っている間に心配されている東海地震が起きたらどうするのか。竹内記者も朝日新聞編集局もその辺りの責任を意識して紙面作りをしているように私には思えない。

コメント
日高の地へアイターンしました。
3月11日以降のあいさつは「原発ができなくてよかったね」でした。
当時の「日高原発反対30キロ圏内住民の会」の沢山の方の名前を載せた意見広告の見出しは「事故あらば死の町に わがふる里は」でした。福島では、このスローガンが現実のものとなりました。当時の意見広告の写真は「ブログ:うずの田舎暮らし」(7月30日)でごらんください。
  • うず
  • 2011/07/30 10:29 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM