<< 対照的な元日本兵ふたり | main | 双葉町に調理器具を贈呈 >>

城北埼玉中学でまた悲劇

 コメント欄に「城北埼玉中学の生徒の自死」についての情報が寄せられた。「やはり教訓(2009年の高等部生徒の飛び降り自殺)が生かし切れて無く、先週また、中学3年生がいじめにより自死されました。老害職員が居り、学校改革が進みません」との訴えだ。

 先程、電話で森泉校長に取材をした。

 電話に出た校長は、自死した生徒がいじめられていた悩みをメモに綴っていた事についてはその責任を認め、ご両親に「生徒の悩みに気付かなかったこと」を謝罪したと言った。しかし、学校としては前回の事件を受けてカウンセラーを週一回来校させており、再発防止に努めていたと言う。

 カウンセラーを関与させることを当時の教頭に助言したのは私だ。助言を素直に実行してくれたのは喜ばしいことだ。ただ、そのやり方に工夫が欲しかった。カウンセラーがいるといっても生徒にとってその部屋に入るのは勇気のいることだ。学校関係者とも話したが、生徒はカウンセラーのいる部屋に入るのを他の生徒に見られるのが嫌で、足を運ばない傾向にあるという。それは教育者であれば、容易に想像のつくことではないか。

 「自死した生徒がカウンセリングを受けていたか」と校長に聞くと、危惧していた通り、その事実はないとの答えであった。この点について、学校側は根本的な改革をする必要がある。

 前回の事件に学園がどのような対応をしたかを尋ねると、驚いたことに校長は精通していなかった。当時在籍していなかったことを言い訳にしたい雰囲気が伝わってきたが、それは大きな誤りだ。森泉氏は昨年から学内改革の命を帯びて校長に迎えられたようだが、ならば09年の事件は徹底的に研究しておくべきだ。そして、それを改革の柱に据えて取り組むべきなのではないのか。

 聞くところでは、この学園は昨年まで「近藤家」の世襲制で校長が引き継がれてきた。昨年から森泉秀雄氏を校長に迎えて改革の矢先であったとのこと。森泉校長は取材に対して真摯に応えられ悪い印象は受けなかった。豊富な経験と深い知識の持ち主であることを伺わせる対応であった。

 二度とこのような悲劇が起きないように森泉校長の指揮の下、全力を傾けて取り組んでいただきたい。


コメント
自分は、この学校の生徒ですが、先生もひどいのですが中学生達も男子校のせいか中学生3年生ともなると動物園状態で正直いじめがあってもおかしくない状況です。ですが森泉校長になってから、ある程度変わってきました。それでもまだほんとにひどい教員もまだいますし、まだ近藤家の前校長もまだ理事長としていすわっています。私としても、これから城北埼玉が変わっていって欲しいと切に願います。
  • マーサ
  • 2012/02/18 11:52 PM
ねえ、本当にあなたは私たちとうまくやっている。あなたが共有している偉大なこと、誠にありがとうございます。
>>ただ、そのやり方に工夫が欲しかった。

工夫ってなんですか?
教えてください。

あなたは、人の否定はしますが新しい意見を生み出そうとはしないんですね。
まず、あなたが助言をしたから、カウンセラーを付けたとあなたは言いますがそのように、学校側がおっしゃったんですか?
あなたの勝手な思い込みだと思いますが。

人間の産物に完璧なものなんて無いってこと覚えておいた方が良いと思いますよ。
あと、自分のこと客観視してみてください。
自分の言動の恥ずかしさに気づくことでしょう。
もう、あなたは大人だから人に言われて思考を矯正出来ないでしょうが、僕はあなたがそのまま一生を過ごすのだと思うと悲しくて可哀想で仕方がありません。
このページはあなたのものだから、なにを書いてもあなたの自由ですが、あなたの言葉はとても貧しく幼く薄っぺらいです。
他人の素晴らしい意見を抹消して1人で勝った気になって社会をダメにするのはお願いですから、もうやめてください。
  • 中2
  • 2012/05/11 10:41 PM
>生徒はカウンセラーのいる部屋に入るのを他の生徒に見られるのが嫌で、足を運ばない傾向にあるという。
それは単なる認識ミスですね
卒業後も何度か学校におじゃまさせていただいたことがありますが相談室があるかいは他に生徒会室や会議室しかなくカウンセラーが居る時間にその階のその廊下に生徒を見たことはありませんから、見られることが怖いということは無いと思いますが・・・
それと、相談室は私が卒業した5年以上前から有りましたが・・・
  • OB
  • 2012/06/03 11:49 PM
 はじめまして。中学2年生の父兄の者です。

 城北埼玉関連の掲示板にこのブログ記事が転載されていたので訪問しましたが、驚きました。
ジャーナリストを標榜される方が、何所の誰とも分からない怪しげなタレこみに安易に反応し、電話取材だけで世の正義の代表者のごとく記事を書けてしまう軽薄さに。

 城北埼玉は、ここに限らずネットでネガティブな情報を執拗に流されることが多い。
大抵は学校の評判を貶める目的があからさまに透けて見えるので、また逆ステマかとスルーも出来るが、今回は誰に踊らされいるかも分からずに、独善的な意見を垂れ流すその姿勢に黙過できなくなってしまった。

 薄っぺらな内容は書いた人間の資質がそれだけの事と思うことも出来るが、ジャーナリストが書いたと言う前提付きならば、2つの点で誤りを犯していると思う。

 先ず、人の死に対して無神経なその姿勢。
ご本人、ご家族、この事に直接的に関わられ実際に苦しまれる方々への思いやりの無さ。
私は何年も前に身近な人間を自殺で失いました。
閉ざされてしまった本当の理由はどこまでも見つけることは出来ず、残る者の自責の思いは何時までも続くものです。
頭の中で作り上げた単純な構図、ステレオタイプのイメージで、このような出来事を面白半分の自己満足な意見で簡単に結論付けて語るべきでは絶対にない。

二つ目は、取材方法の問題。
世界中の問題地域を取材し、理不尽な出来事を見てきたと言われる貴殿が目と鼻の先で起きた出来事を電話確認だけで、何もかも分ったつもりになる危うさ。
本当にジャーナリストなの?、2チャンネラーの電凸と同じレベルじゃん? と思う。
尤も、電話だけでも充分迷惑なのに、貴殿の様な人物に取材されるとしたら迷惑も甚だしい事とは思うが。

ジャーナリストを自称されるなら、人間生命に対する畏敬の念と、真摯な取材姿勢は最低限持ち合わせるべきものではないでしょうか。

最後に、この記事は消さないでください。
記事を通し、愚かで浅はかな人間の見本を人目に晒し続けて下さい。
  • 父兄
  • 2012/06/20 10:59 PM
初めまして。城北埼玉のOBです。1年前の春に卒業したもので2009年の事故も目の前で見ました。多くの生徒が心を痛めたのを覚えています。

今回の事故も亡くなられた後輩やご家族へのお悔やみの気持ちはありますでしょうか?

学校にすべての責任があるのような書き方ですし、まるで自分が正義といった書き方に感じてしまいます。

ご自分のページですのでどのように書かれるのも自由ですが、読者の気持ちも考えていただいた方がよろしいかと思います。

生意気なことを申し上げてすみません。

  • 29期
  • 2012/06/23 1:36 PM
今もいじめが多発しています。いじめを行なって様々な父兄が懸念していて、先生も指導していても改善されません。授業態度も学力も良くない、いじめの張本人は退学も停学もなし。 いったい校長は何を考えているのか?きちんといじめに対して向き合って欲しいです。
  • きら
  • 2012/07/13 12:52 PM
今年入ったんですが、今の中2は荒れているらしい。毎日がどこかでいじめがあるらしい。日々だれかの筆箱やらが隠されたりしてるようですが、恐ろしい。明日は我が身かと心配です。いじめで被害者が学校を去るのは逆だと思います。加害者を矯正するか抹消しない限り、被害者がいなくなれば次のターゲットをいじめて被害者を作り出していきます。加害者とその父兄に対する毅然とした態度を今の校長先生には期待します。
  • おら
  • 2012/07/16 4:55 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2012/11/23 8:18 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2012/11/23 10:08 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2012/12/07 10:16 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2012/12/07 10:20 AM
私は、一回目の自殺があった際に在籍していたものです。城北埼玉は、古い価値感を持つ先生が多く、公立と違い異動がない為よどんでいます。職員室は雰囲気が険悪で、一度入ったら二度と行きたいと思いませんでした。
教師は、とても教師と呼べない程、思考が大人になりきれていない人がいます。一度目の自殺の際、ほとんどのクラスは速やかに解散しました。しかし、あるクラスは緊急事態にも関わらず進学について話しており、一向に解散する気配がありませんでした。それを見かけたある数学教師が、泣きながら怒鳴っていました。「生徒が自殺したこの状況で、あなたは何をやっているんだ。」と言っていたと思います。怒られた先生は当時の進学指導の人だったと思います。私はこの光景を見て、倫理感がない先生もいるんだと思いました。
卒業後、校長が現在の校長になったので教師も変化するだろうと思っていましたが、こうなってしまいましたか。外部の人間が多く介入しないと、よどみは消えないのでしょうね。
  • 葛谷
  • 2013/08/26 4:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM