<< 東電の社員に対する冷酷な扱い | main | “あたたかい”カネ >>

レイダー照射事件 中国の対応

 レイダー照射事件についての中国政府の頑なとも思える反応からは、習体制が対応に苦慮した事が透けて見える。

 「ヒゲの隊長」こと佐藤正久氏は8日、大分県で行なわれた講演会で「中国軍は、自衛隊はどうするか見ていた」と分析するが、私の見方は違う。確かに、通常はそういうことがあるが、今回に限っては、違うのではないか。

 佐藤氏も認めているように、中国戦艦からの照射は事実だが、砲身は護衛艦の方を向いていなかった。その点から、私は中国軍の作戦というよりも、自衛艦を前にしてちょっかいを出したくなった“フリゲート艦の個人プレイ”と見る。何れにしても、ここは慎重な対応で正解、とする点は、佐藤氏と同じ。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM