<< サッチャリズムと安倍首相 | main | 私の視点 北朝鮮問題をどう考える >>

山奥の“仙人”に遭遇?

 朝、突然の訪問者。わが村よりもさらに奥まったところにある村の住人だ。「浅井さんに我が家を一度見てもらおうと思って」。そう言われては、やることがあっても面白いことが「大好物」の私には、断る理由が見つからない。

 訪問者は大野さんと名乗られた。彼は大阪生まれで九州育ち。炭鉱の町飯塚の商業高校を卒業してガラス業界に就職したが、その後、他のガラス会社に転職、その会社で窓枠を作るサッシ分野に配置された。その会社の市場開拓にと送り込まれた愛知県安城市で「自分でやったほうが儲かる」と独立。建築ブームに乗って財を成した。

 15年前、63歳の時に会社を整理、三河の奥に隠居した。隠居と言っても活動的。住居こそ購入したが、お得意のガラス工作や窓枠製作技術を使って、ミニ水車、茶室、サンルーム、“ピラミッド”、ボーリング・レイン、露天風呂、それに海外旅行で購入した名産品の展示室等々、ほぼ全て自分の手で作り上げてきた。

 
  エジプトに行った記念に作ったピラミッドは「う〜む」としか言いようがないが。冬でも暖房いらずのサンルーム。その中で入れていただくコーヒーは最高!


 最後には、世界で最も寂しいボーリング場に案内していただいた^_^そこで私がボーリングをやったかって?う〜ん、次回お邪魔する時の楽しみにとっておきました。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM