<< ボストンマラソン爆弾事件報道を考える | main | 朝日世論調査 >>

ボストン爆破事件のガセネタからSNSを考える

 ある人のtwitterで「ほっしゃん」という芸人をフォロー(購読)しているのを知った。

 ほっしゃんがどんなことを書いているかと彼のtweetを読んでみると、ボストン・マラソン爆破事件で心を打たれるロマンティックな事があったと、@MitchellOffcialというアカウントにある写真とエピソードを紹介していた。

 写真には「彼の彼女はマラソンで走ってて、彼はそれを待ってたんだって。プロポーズをするために…後略」という説明が付けられ、男性が爆死した恋人に寄り添っているかの印象を受けた。

 だが、あまりにできすぎた話だ。こういう心打たれる話は瞬時にしてネット上に広まる。早速、その写真の背景を調べてみることにした。

 先ず気付かされたのは、日本のマスコミは死者3名と伝えるものの、犠牲者については8歳の男の子を伝えるのみ。私が見落としている事が考えられるから100%とは言い切れないが、一覧しただけでは見つからなかった。マスコミも、この事件には多くの紙面(時間)を割いているのだから報道の中で少しでも紹介しておけば、「心打たれる話」が事実無根と分かるヒントとなったはず。

 それではと、米報道でチェックすると、命を奪われたのは、少年の他には29歳の女性、それに男性の大学院生と分かった。

 写真に該当するとすれば、29歳の女性だが、命を落とした彼女は友達のボーイフレンドが出場するので一緒に応援に来た、いわば見物人。競技には出場していなかった。

 そこで、ほっしゃんのつぶやきの情報源の「Mitch」さんに、写真と情報をどこから入手したか、英和文両方(プロフィールに在日外国人と書かれていた)で問い合わせた。だが、彼からはなしのつぶて。

 独自に調査を続けると、件の写真を撮った「Boston Globe」紙のカメラマンのインタヴューを見つけた。しかしその写真記者は「彼女は明らかに重傷でした。彼は彼女の耳元で囁いて慰めていた」と答えているだけで、ふたりの関係については何ら記述は無い。

 私のtwitte上での情報提供の呼びかけに読者のひとりが下に紹介するサイトを送ってきてくれた。

 これを見て確信した。案の定、いわゆる「ガセネタ」だった。

http://edition.cnn.com/2013/04/16/tech/social-media/social-media-boston-fakes/?c=&page=0

 そんなに難しい英語ではないので書かれていることはお分かりになるであろう。これがまさしく、私が普段から言う「ネット情報の鵜呑みは危険」という典型的な例だ。

 ネットの恐いのは、自分ひとりが鵜呑みにして悔しい思いをするだけでなく、その情報をフォロワーに流せば、それが「野火」のように広がってしまうことだ。

 自分がガセネタの拡散に加わらないようにするにはどうしたら良いか。それは、情報源をネットに限定しないで、複数の媒体にすることだ。そして、情報を見比べる癖を付けていただきたい。さらに、もしガセネタの拡散に加わってしまったと気付いたら即刻、見て見ぬふりをせず、勇気を持って「訂正と謝罪」tweetを流していただきたい。

 間もなく、選挙活動にtwitterやブログの使用が解禁される。「安心して信頼できる環境づくり」は、SNSという利器を手にした私達の手にあると言っていい。しかし、何事も裏表がある。利器も使い方を間違えれば、凶器になるのだ。少しでも「安全」で「信頼」に足る、そして社会生活を豊かにしてくれる使い方を、利用者が知恵を出しあって作り上げていかなければならない。一枚の写真を調べる中で、そんな感を強くした。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM