<< メディアリテラシー・ワークショップ開催のお知らせ | main | 猫に化かされた? >>

先輩の訃報

  共同通信の論説委員長を務めたこともある榎彰さんが7日、79年の生涯を閉じた。

 榎さんと私との出会いは、1976年暮れに遡る。
 

 レバノン内戦を取材している私の前に、榎さんは前任者と共に現れた。当時まだ共同通信はベイルートに支局を設けていて、激戦が続く間、前任者は支局を閉鎖、国外に避難していた。

 停戦が成立し、日本のマスコミ数社が特派員を送り込んできた。その前の数ヶ月間を、私が日本人ジャーナリストとしては唯一現地滞在し、取材をしてきただけに、各特派員は私の情報を頼りにしてくれた。

 中には、「停戦と言っても一時的なものに終わるのではないか」とする私の見方に、ベイルート支局をたたんだ社もあった。その後、御存知のようにレバノン内戦は数百回の「停戦−停戦破棄」を繰り返し、激戦は90年まで続いた。

 榎さんはそれまで政治畑で記者稼業を続けてきた方で、「人事の都合でここに来させられてしまった。だから英語はまるでダメ」と自嘲気味に話されていたが、自力で英語力をめきめき上達させた。

 彼の取材手法は、通信社記者にしては慎重で、軽々にネタに飛びつくのではなく、じっくりと粘り強く取材してそれを記事にするもの。その取材の手法と記事の書き方を勉強させていただいた。

 その典型例が、日本赤軍との関係だった。

 ある時「浅井君は足立政男と会ってみる?取材をしないという条件付きだけど」と、当時ベイルートを拠点にしていた赤軍の広報役であった足立氏との面会を提案された。

 榎氏はそれまで足立氏と何度も会っていたが、一度も記事にした事は無い。驚きの表情を見せると、ニヤッと笑い「これが政治記者の真骨頂だよ」と口にはしないものの、そんな心の内をその笑みに込めて見せて来た。

 一度会ったきりで大袈裟に書きたてたり、番組作りをした特派員(社会部出身)が数名いたが、榎さんはそんな彼らとは一線を画していた。

 停戦が何度も崩れ、政情が安定しない事もあり、75年の内戦勃発の前まで事務所を開設していた企業のほとんどは、再び事務所を開くことなく、この町から姿を消した。だから、戦前には千人以上であった「日本人村」は、70年代後半になっても20名に満たない小規模なものであった。ただ、それだけに結束力は強かった。
 

 だが、正直なところ、その結束力は私の目には健全なものには見えなかった。危ういとさえ言えた。一部の人に失礼を承知で若造の率直な意見を述べさせていただいたこともある。

 78年か79年だったか記憶は定かではないが、日本に戻っていた私のもとにベイルートから信じ難いニュースが飛び込んできた。西ベイルートにある「レストラン・トーキョー」で日本大使館員が銃をもてあそぶ内、同僚の妻を撃ち殺してしまったというものだった。さらに、犠牲者の頭を貫通した弾が同席していた榎さんの頭部を襲い、重傷を負わせたという。

 報道では、大使公邸での集まりの後、その流れで大使館員や特派員・駐在員、それにその家族が事件現場に行ったとのこと。

 私は早速、レストランの経営者に電話を入れて詳細を聞いた。加害者の館員は酒酔い状態で、レストランのマネジャー(アルメニア人)の護身用のピストルをデスクから取り出し、「誰を撃とうかな」と言いながら、銃口を同僚の妻に向け、そのまま引き金を引いたという。

 一部報道機関からコメントを求められたが、関与した全ての人をよく知る立場の私は、コメントする気にはなれず、一切断った。

 榎さんは一命を取り留めたものの言語障害を被り、長期にわたりリハビリに取り組んでおられた。帰国されてから数回お会いしたが、リハビリは相当大変な様子であった。それでも、奥様の尽力もあり、やがて社会復帰をされ、健筆を振るうようになられた。

 近年は連絡も疎かになっており、時折り消息を人伝に聞く程度であった。事件の影響があったのかどうかは分からぬが、共同関係者の話では、何度か倒れ、健康が優れないとのことであった。

 今朝の新聞で訃報を目にして今日一日、榎さんを偲んだ。優しい笑顔が何度も瞼に浮かんだ。

 大変な人生を送られた榎さん、お疲れ様でした。安らかにお眠りください。

 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM