<< 世にも不思議なノラ猫のはなし | main | 万歳、アベノミクス! >>

子供の成長

 先程までスカイプを使って英会話授業をしていた高校3年生のR君が、「米国の大学に行き、国際関係を勉強します。将来は国連で戦争に関わる仕事をしたいです」と宣言してくれた。

 そういう子は、私の経営していた英会話学校にはこれまでにもたくさんいた。共通するのは成績優秀な生徒だ。しかし、R君は決して順調な成長の仕方ではなく、中学の時にはパソコン・ゲイムにはまって数十万円課金されたり、教師からにらまれて母親が僕に毎日のように相談の電話。一時期「ホッと・ライン」状態になったような子だ。高校受験も失敗の連続で“滑り止め”で拾われた形だった。

 しかし高校に入ると、母親が一人っ子であるR君がエリートコースに進む事にようやく“諦め”がつき口出しをやめると、彼の成長が始まった。

 英語が得意科目なのは中学生の時から変わらないが、ここのところでグンと力を付けた彼は、僕の用意する英文新聞記事をかなり理解できるようになってきた。従軍慰安婦問題にも必死に食らいついてくる。

 子供や若者の成長は、見ていて本当に楽しいもの。それを実感できる立場にい続けられる事に感謝する毎日だ。

 親や教育者の役割について様々な意見があるが、ホント、親の先回りは最悪。子供の成長を先に回ってその芽をつんでいるからだ。子供の伸びる時期は千差万別。「おやじ、おふくろのいい背中」を見せてやり、彼らが自分で動き出そうとしたら、さり気なく応援をしてやる…そんな姿勢でいることが求められる。

 レッスンの最後に思わず「僕は君の事を誇らしく思う」と言った。照れ笑いする彼の顔が可愛かった。

コメント
英語で国際問題について議論できればいいです。英語だけでなく政治、経済、歴史、文化、科学技術などの知識がないと議論できません。
こういう若者がいるということは心強いです。
健闘を期待します!
  • 犬伏正好
  • 2013/06/28 4:10 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM